サービス一覧

 嫁入りタンスの中に母が用意してくれた着物がたくさん入っています。冠婚葬祭に必要だろうと思って誂えてくれた物です。しかし、なかなか着る機会がなく、一度も袖を通していない着物もあります。何度か着ようかなと思ったことはありました。友だちの結婚式やお寺の稚児行列に参加した時などです。着ようかなとは思いましたが、ほとんど着る人がいなかったので、恥ずかしくてやめました。 初めて着物を着たのが子どもの入学式でした。着物を着るには小物も必要なため、あれやこれやとタンスから探して準備をし、髪のセットと着付けをしてもらい、バタバタとはしましたが、ようやく母の思いがこもった着物を着られたことにうれしくなりました。 その後は着る機会がなく、たまに虫干しをするくらいでしたが、次に着物に袖を通すことになったのが母のお葬式でした。母は喪服も季節に合わせて用意してくれていました。お通夜では無地の着物を着ました。お葬式は単の喪服を着ました。母の用意してくれた喪服を着て、しっかり送ることができたことはとても良かったと思いました。母の思いのこもった着物はこれからも大切にしようと思っています。