サービス一覧

冠婚葬祭でもお通夜と葬儀では着る服のマナーも違います。亡くなった当日や直後の場合には、喪服の様なブラックスーツで行くとその人が死ぬのを待っていたと思われてしまうために、地味めの平服で行くのが良いとされています。一方、告別式や葬儀では、男性は黒っぽいスーツに黒いネクタイ、女性も黒っぽいワンピースやブラウスとスカートなどで肌の露出はなるべく避けた方が良いです。喪服の着用マナーとしては、冬の寒い日のコートは、葬儀会場の中に入ったら脱ぐということです。そして、最近は日常的にマスクをしているのが多いので迷うのがマスクの着用です。冠婚葬祭においてマスクの着用は失礼とされているので、葬儀や告別式の会場内ではマスクはしない方が良いです。ただ、風邪ではなくインフルエンザのような重大な感染症にかかっている場合には、参列者にうつしてしまう方がマナーよりも大問題ですから、参加できない旨を主催者に告げて不参加の方が良いです。