お通夜と葬儀の時の服装のマナーについて

冠婚葬祭の中でもとりわけマナーを守りたいのがお葬式です。通夜と葬儀の2回にわかれて行われますが、通夜に弔問する場合は喪服でなくてもよいのです。というよりも、通夜はあまりきちんとした喪服でない方がいいとされています。なぜかというと、お通夜の時にきちんとした服装で弔問すると、いかにも亡くなるのを待っていたかのような印象を与えるからです。訃報に驚き、とりあえず駆けつけたという服装がいいとされているのです。また派手なアクセサリーや派手な色の服はやはり避けるべきです。反対に葬儀の時にはきちんとした喪服で参列するのがマナーです。男性の場合はグレーや紺や黒の無地のスーツで、できれば黒のネクタイをします。女性の場合も黒か紺かグレーのワンピースやスーツといった地味な服装にします。また肌を多く露出する服はマナーに反しています。男性も女性も、遺族よりも格上の服装にならないように気をつけることが大切です。学生の場合は学生服で参列します。

富士市でオススメのお墓施工業者

静岡で想いをえがくお墓を販売しております

納骨時に確かな僧侶を手配しませんか?

フジ住宅 裁判

最新投稿